リヴィタップ新松戸メインヴィジュアル

プログラム

PROGRAM

リヴィタップロゴ

アンチエイジングフィットネス リヴィタップ。「体幹力」でカラダを変える!!

総合トップページへ
プログラムスケジュールは各店舗ページにてご確認ください。
プログラムh1マーカー

大人プログラム

ADULT PROGRAM

コアビティ_メインヴィジュアル

3つのstage、3つのプログラム50min

  • trx

    アメリカ海軍特殊部隊から考案されたSuspension Trainingというツールを利用した、自重エクササイズです。筋肉だけではなく動きを鍛える世界でも人気のトレーニングツールです。

  • pillafect

    ツールを利用せず、自重のみで行う体幹トレーニングです。弾性要素を多く取り込み、瞬発力、 爆発的なパワーを身につけます。ぶれのない完璧な支柱 (Pillar)を完成させるトレーニングです。

  • vipr

    カナダのホッケーのナショナルチームに所属するトレーナーの、Michol Dalcourtが考案したトレーニングツールです。当初はプロアスリートご用達のトレーニングでしたが、現在は一般のパーソナルトレーニングやグループエクササイズにも導入されています。

コアビティフロー

全体説明のあと、準備運動(Movement preparation)、プログラム実行(Practice)、くり返し(Circuit)と3つのステージを経てクールダウンで終了となります。

Corevityという素晴らしいプログラム、是非体感してください。

動画でチェック!

体幹を強化し、体の内と外、両面から変えていくプログラムです。TRX、PILLAFECT、VIPRを3つのセクションで実施します。強度を個々に変えられ、ゲーム性もあり、楽しく効果が期待できるプログラムです。

ポリシーh2マーカー

自宅でできる「体幹」トレーニング

体幹強化のための、6つの要素をが入ったトレーニング法です。自宅でできるので、実践してみて下さい。
今回は現在トレーニング中の3名で行ってみました。

  • 片脚上がり(安定性:スタビリティー)

  • 片脚スクワット(筋持久力:マッスルエンデュランス)

  • すもうスクワット(柔軟性:フレキシビリティ)

  • T字バランス(平衡性:バランス)

  • ハンドウォーク(ストレングス:筋力)

  • シングルストレートレッグ(協調性:コーディネーション)

ポリシーh2マーカー

ピラーヨガPillaryoga

ピラーヨガとは?

「支柱」を意味するピラー。
ピラーヨガは安定した体幹を築き、内臓を活性し、美しい肉体と、健全な精神を築くことを目的としています。
支柱を意識することで、美しく正しい姿勢を身体が覚え、無理のない自然な動きが生まれます。
さらに、内臓機能は活性化され、あらゆる不定愁訴の改善にも効果的です。

また心の支柱を安定させることも身体と同様に大切なことであり、
ピラーヨガでは自己を見つめ、気付き、変化する努力を惜しみません。
やがてぶれない軸のある、寛容さに溢れた自分へと変化することを実感するでしょう。
ピラーヨガとはまさに、心身ともに健康になることを目指したヨガなのです。

ピラーヨガメインヴィジュアル

ピラーヨガの効果

肉体的効果

  1. 柔軟性の向上

    現代人の生活は利便性が優れているゆえに、日常で運動するシーンは僅かです。
    やがてむくみや冷え、筋肉の硬化を引き起こします。更に柔軟性の欠如は怪我を招くだけでなく、疲労回復にとても時間がかかります。
    ピラーヨガは筋肉の収縮伸展を繰り返したプログラミングとなっており、柔軟性を向上させることができます。
    しなやかで伸縮性のある、回復力の高い良質な筋肉に仕上げます。

  2. 筋力向上と関節可動域の確保

    ピラーヨガは体幹を最も意識します。深層部の筋肉を呼び覚まし、加齢とともに衰える筋肉を、良質な筋肉へと再形成します。
    また同時に左右対称の歪みのない骨格を目指します。動きが狭まってしまった関節を適切な可動域に広げ、なめらかな動きを可能にします。

  3. 体内機能の活性化と自律神経の安定

    ピラーヨガは呼吸と動きの連動を重視します。血液はスムーズに循環し、代謝がアップし、内臓が刺激されやがて活性化されます。
    またリンパ節やリンパ腺を刺激することでむくみや冷えは軽減され、自律神経の安定に伴い、ホルモンバランスも整えられます

精神的効果

  1. 感情のコントロール

    色んな情報が飛び交っている現代、意識が外へと向いてしまいがちです。
    ピラーヨガは自己の内側に目を向けることが出来、自分と向き合う時間を作ることができます。
    そして自分の感情を客観的に観察することができるようになります。
    特に現代のストレス社会では交感神経(興奮・緊張・イライラなど)が優位に立つことが多く、
    それゆえに感情をコントロールすることが非常に難しい環境にあります。
    そうしたあらゆる状況で冷静さを保ち、正しい判断ができるようになるでしょう。

  2. リラックス

    ゆっくりとした深い呼吸は、肩の力を抜き、心を落ち着かせます。
    人は病気や怪我、スランプ、人間関係などで意気消沈し、怒りや焦り、不安に悩むことが多くあります。
    ピラーヨガでは自分の呼吸の音を聞き、静寂の中で鼓動を感じることで副交感神経が刺激され、気持ちがリラックスします。

  3. 周囲との調和

    ピラーヨガではバランス性を養うポーズも多く、自然と調整する力が養われます。
    これはボディバランスだけでなく、「社会と自分のバランス」「体と心のバランス」など精神的なバランス感覚も養われることで、
    様々な環境に対応する力が養われます。人間関係は協調性が求められる場面も多くあります。
    自分の意思だけでなく社会全体の意向を受け入れなくてはならない時もあります。 ピラーヨガは無理なく周囲との調和を保ち、良い人間関係を築くためにとても有効です。

動画でチェック!

「支柱」を意味するピラー。ピラーヨガは安定した体幹を築き、内臓を活性し、美しい肉体と、健全な精神を築くことを目的としています。 支柱を意識することで、美しく正しい姿勢を身体が覚え、無理のない自然な動きが生まれます。さらに、内臓機能は活性化され、あらゆる不定愁訴の改善にも効果的です。心身ともに健康になることを目指したヨガです。

ポリシーh2マーカー

ピラティスPilates

ピラティスとは?

ピラティスは、20世紀のはじめ、ドイツ人のジョセフ・H・ピラティスによって開発された体の深層部分の筋肉を鍛えるエクササイズです。元は傷病兵が体に負担をかけずにリハビリを行えるように考案されたものです。

胸式呼吸と穏やかな動き、体幹各部のポジションの安定をはかりながら、鍛える筋肉をイメージして行うエクササイズです。体に負担の少ない動作によって体の歪みをとりながら深層筋肉を鍛え、なおかつ柔軟性をもたらすピラティスは、リハビリなど医療的な分野でもその役割が期待されつつあります。長年の生活習慣などから身についてしまった骨格の歪みをとり、腰痛、肩こりなどが緩和されるなどの効果が見られるほか、ピラティスメソッドの大きな柱である深い呼吸により、新陳代謝が良くなり免疫力が強化されます。

また、予防医学の立場から、ピラティスのケガ、故障予防の効果に期待されています。

年齢とともに衰えるコアの筋肉を鍛え、シャキッとした正しい姿勢を維持して関節痛、腰痛などを予防する運動として、アンチエイジングの観点からも注目を集めるエクササイズです。

ピラティス_メインヴィジュアル

動画でチェック!

胸式呼吸と穏やかな動き、体幹各部のポジションの安定をはかりながら、鍛える筋肉をイメージして行うエクササイズです。体の歪みをとりながら深層筋肉を鍛え、なおかつ柔軟性をもたらします。年齢とともに衰えるコアの筋肉を鍛え、シャキッとした正しい姿勢を維持して関節痛・腰痛などを予防する運動として、アンチエイジングの観点からも注目を集めるエクササイズです。